« オランダ帰国編 | トップページ | オランダ帰国編 その3 »

2008年4月 2日 (水)

オランダ帰国編 その2

2008年4月2日 若き写真家!

オランダから戻ってきてあっという間に2週間が過ぎ、燃えつき症候群になるかと思いきや、仕事のあるいつもの日々に舞い戻っています。まるで夢からさめてしまった感じで、ちょっと寂しい気もします。

そんな日々の中、ちょっと嬉しいことがありました。写真展の会場で知り合ったフローニンゲンに住む若き写真家!と最近メールのやり取りをしています。彼はMarvin 君といい、16歳の高校生です。オープニングに父親ときてくれ「とても深く感動した」と言ってくれ、その後何度も写真展に来てくれているそうです(既に私達の滞在中に3回は来てくれていました)。彼自身のHPもあります。

Marvin Vince Kerstholt HP

http://www.marvinphotoart.com/

今年の5月には今回と同じギャラリーで自分の作品を発表する機会をもてたそうです。最初は6作品だそうですが、これからの大きな一歩になればいいなと、陰ながら応援しております。

鈴木清がいれば彼にどんなことをいったでしょうか?「いいね~」それとも「もっと近づきゃなきゃ!」?それはわかりませんが、16歳という初々しい彼が鈴木清の写真を好きだといってくれ、これからも写真を撮り、少しずつ自分の夢に向かっている姿がとても好感を持てます。

Marvin_2

Marvin君と彼のお父さん。図録にメッセージを書かせてもらいました。

日本でも将来、どこかで彼の名前を目にする機会があるかもしれません。その時はどうぞよろしく!

« オランダ帰国編 | トップページ | オランダ帰国編 その3 »

オランダ展」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダ帰国編 その2:

« オランダ帰国編 | トップページ | オランダ帰国編 その3 »